不動産仲介業者を選ぶ上でのポイントは、査定額や販売価格だけではありません。査定額はあくまで参考の価格に過ぎず、例えば相場よりも高い査定額を出してくれたとしても、実際に買い手が付かないことには始まりません。重要なのは仲介業者が持っている販売のノウハウであり、どのようにして物件の広告を出してくれるのか、またどのようにして買い手を探すのかという営業ノウハウが決め手となります

仲介業者によっては得手不得手があり、マンション物件に強いコネクションを持っている業者もあれば、戸建て住宅の販売を得意としている業者もあります。それぞれの業者の得意ポイントを見極めた上で選ぶことができるのがベストとなります。

この他には、仲介業者を大手にするのか、それとも中小の業者にするのかについてもポイントとなります。大手業者は販売網も整っているのが特徴ですが、細かな部分でコネが薄いということも考えられるのに対し、中小の業者は販売網が狭いものの地域密着型でコネもあるというケースも多いです。また、媒介契約の種類についても着目しておくべきでしょう。不動産仲介業者との媒介契約は取引の対象となる買い手を選ぶことにもつながりますので、媒介契約の種類についても自分に合ったものを選べるかどうかがポイントとなります。


オンラインで一括査定インターネットの普及によって、不動産売却も従来のお店まで出向いて売却の相談をするという方法から変化してきています。現在ではネット上からオンラインで物件の査定を行うことも可能になっており、それぞれの業者での物件査定を一括で行ってくれるサービスも提供されています。物件のオンライン一括査定サービスを利用するメリットとしてまず挙げられるのが、物件の相場を推し量ることが可能であるという点にあります。

所有している物件が実際いくらくらいで取引されているものなのか、相場を知ることは不動産売却において非常に重要で、少しでも高く売る、もしくは適正価格で取引をしたいという場合には相場の知識が必要不可欠となります。オンライン一括査定を行うことで、売りに出す物件がだいたいいくらからいくら程度の価格にて取引が行われるものなのかを知ることができ、あまりに低い価格での取引を防止することに役立てることが可能です

次に大幅に手間を省くことが可能な点がメリットとして挙げられます。いくらオンラインとはいえ、一社一社、サイトを見て回って査定をしてもらうのは手間がかかってしまいますが、一括査定サイトを活用すれば、このような手間はかけずとも済みます。


不動産売却における査定額は、その後の資金繰りにも影響が出てくることになりますので非常に重要です。たとえば現在所有している物件を売りに出し、売却によって得た資金を元手に新たな物件を購入するというケースや、売れる前からローンを組んで他の物件を購入するというケースも考えられますが、売却価格はこれらの活動を行う上で資金を工面するために考慮しなければならず、そのため度外視することはできません。

また、売却価格と査定額は必ずしも一致するわけではなく、特に査定額は不動産仲介業者によって価格にバラつきが出てしまうのが一般的です。A社とB社の査定価格に百万円単位の差が出ることも少なくありませんし、少しでも高く売却したいと考えると、この査定価格の差についても綿密に調査していく必要があります。

不動産の査定に差が出る理由は、各不動産仲介業者の営業活動の差に起因します。幅広く営業をしていて、情報網もしっかりとしている仲介業者であれば営業力も強く、すぐに高く売ることもできますが、営業力が乏しい仲介業者の場合には価格を下げて見積もった上でしか販売できないというケースも考えられます。しかしながら査定額を高く付けてくれる仲介業者を選べば確実かと問われると、そんなに簡単な話でもありません。それでは、どのようなポイントに注意して不動産売却と仲介業者選びを進めていけば良いのでしょうか。当サイトではオンライン一括査定を行うメリットと選び方のポイントについて紹介していきます。