業者選びのポイント

不動産仲介業者を選ぶ上でのポイントは、査定額や販売価格だけではありません。査定額はあくまで参考の価格に過ぎず、例えば相場よりも高い査定額を出してくれたとしても、実際に買い手が付かないことには始まりません。重要なのは仲介業者が持っている販売のノウハウであり、どのようにして物件の広告を出してくれるのか、またどのようにして買い手を探すのかという営業ノウハウが決め手となります。

仲介業者によっては得手不得手があり、マンション物件に強いコネクションを持っている業者もあれば、戸建て住宅の販売を得意としている業者もあります。それぞれの業者の得意ポイントを見極めた上で選ぶことができるのがベストとなります。

この他には、仲介業者を大手にするのか、それとも中小の業者にするのかについてもポイントとなります。大手業者は販売網も整っているのが特徴ですが、細かな部分でコネが薄いということも考えられるのに対し、中小の業者は販売網が狭いものの地域密着型でコネもあるというケースも多いです。また、媒介契約の種類についても着目しておくべきでしょう。不動産仲介業者との媒介契約は取引の対象となる買い手を選ぶことにもつながりますので、媒介契約の種類についても自分に合ったものを選べるかどうかがポイントとなります。

Comments have been closed/disabled for this content.