不動産売却と査定額


不動産売却における査定額は、その後の資金繰りにも影響が出てくることになりますので非常に重要です。たとえば現在所有している物件を売りに出し、売却によって得た資金を元手に新たな物件を購入するというケースや、売れる前からローンを組んで他の物件を購入するというケースも考えられますが、売却価格はこれらの活動を行う上で資金を工面するために考慮しなければならず、そのため度外視することはできません。

また、売却価格と査定額は必ずしも一致するわけではなく、特に査定額は不動産仲介業者によって価格にバラつきが出てしまうのが一般的です。A社とB社の査定価格に百万円単位の差が出ることも少なくありませんし、少しでも高く売却したいと考えると、この査定価格の差についても綿密に調査していく必要があります。

不動産の査定に差が出る理由は、各不動産仲介業者の営業活動の差に起因します。幅広く営業をしていて、情報網もしっかりとしている仲介業者であれば営業力も強く、すぐに高く売ることもできますが、営業力が乏しい仲介業者の場合には価格を下げて見積もった上でしか販売できないというケースも考えられます。しかしながら査定額を高く付けてくれる仲介業者を選べば確実かと問われると、そんなに簡単な話でもありません。それでは、どのようなポイントに注意して不動産売却と仲介業者選びを進めていけば良いのでしょうか。当サイトではオンライン一括査定を行うメリットと選び方のポイントについて紹介していきます。

Comments have been closed/disabled for this content.